事業案内BUSINESS

野々村商店は、各種廃棄物の収集と運搬および資源リサイクルを行っております。
迅速で安全な収集と運搬を行うことを第一とし、お客様の幅広いご要望に対応いたしております。
また、資源が循環する社会の実現を目指してリサイクル技術の向上に努め、資源リサイクルの確立した未来を提案し続けます。

一般廃棄物

一般廃棄物は、一般家庭から排出されるものと、オフィスや店舗などから出る廃棄物のうち、産業廃棄物以外の事業系廃棄物をいいます。
事業系一般廃棄物を出す事業所は、自らが市町村の焼却場に持ち込むか、専門の許可業者に業務委託をする必要があります。
野々村商店では、岐阜県西濃地区を中心に一般廃棄物(家庭用・事業用)の収集・運搬を行っています。
多量から少量まで皆さまのニーズにお応えできる車両・ルートで対応いたします。

許可エリア一覧

大垣市 / 羽島市 / 美濃市(事業系限定) / 瑞穂市 / 北方町 / 本巣市 / 笠松町(限定エリア) / 神戸町 / 安八町 / 海津市 / 大野町 / 養老町(事業系限定) / 垂井町 / 揖斐川町 / 輪之内町

※美濃市、笠松町、養老町については、限定エリアにつき、事前にご相談ください。

許可エリア図

産業廃棄物

建設業や製造業、そして商業活動、オフィスなどの事業活動によって発生した廃棄物のことです。
廃棄物処理法により21種類に定義されており、「粗大ごみ・燃え殻・汚泥・糞尿・廃油・廃アルカリ」など、固形・液状のモノをさします。

野々村商店では、廃棄物の種類や量に応じた最適な車種で効率的に、効果的に収集処理をするために多数の車両を保有しています。
サービス対象エリアは岐阜県中濃、西濃一円。定期的な収集運搬だけではなく、お急ぎのご用命にも迅速に対応しています。

許可エリア一覧

岐阜県、愛知県、三重県

産業廃棄物処理
岐阜県 愛知県 三重県
燃え殻
汚泥
廃油
廃プラスチック類
紙くず
木くず
繊維くず
動植物性残さ
金属くず
ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず
がれき類
感染性廃棄物

リサイクル

野々村商店では、発泡スチロールの中間処理とリサイクルに取り組んでいます。

また、関連会社の本巣畜産と動植物性残さの食品リサイクルにも取り組んでいます。排出事業者から食品循環資源を回収し、飼料にするための処理を施し、リサイクルされた飼料を養豚場で使用しています。

発泡スチロールリサイクルの流れ

野々村商店では、1986年(昭和61年)から発泡スチロールのリサイクルに取り組んでいます。主に食品スーパーや卸売市場、家電量販店などから排出される発泡スチロールを収集し、弊社リサイクルセンター(瑞穂市牛牧)で破砕・溶融してインゴット成形を行っています。これらはプラスチックの原料として再資源化され、プラスチック製品などに再利用されます。

発泡スチロールリサイクルの流れ図
発泡スチロールリサイクルの流れ図

食品リサイクルの流れ

野々村商店では、関連会社の本巣畜産と共同で、食品残さの飼料化によるリサイクルに取り組んでいます。
食品工場やスーパーなどから出る、野菜や果物、賞味期限切れのパンや麺などの食品、今までは焼却処分されていた食材を原料に使って、豚に食べやすく細かく破砕し乳酸発酵させて飼料化(中間処理)を行い、その飼料により養豚を行う(最終処分)食品リサイクルを達成しています。

食品リサイクルの流れ図
食品リサイクルの流れ図